、一定の残余資産を残すことができるというメリットがあるのだ。

(税理士 内藤 忠大)